普段使わない人でも

現代の携帯電話の主流はスマートフォンです。
それに対してフィーチャーフォンはかつての勢いを失いました。
しかし最低限の機能を有するフィーチャーフォンの愛用者は、現在においても確実に存在します。
通信サービスがスマートフォン関連だけに集約されれば、フィーチャーフォンは完全に市場から消えますがそれはまだ先の話です。
スマートフォンの関連市場は今後も成長する事は間違いありません。
特にソフトウェア開発は需要がさらに高まると言われています。
その理由はスマートフォンが様々な場面で使われるからです。
フィーチャーフォンのような性能面の不安も、デスクトップパソコンのような大きさの問題もありません。
どこにでも持ち込める利点は無限大の可能性を持つという事です。

しかしソフトウェア開発において、問題がないわけではありません。
それは開発に携わる技術者の質に関する事です。
近年ではクラウドコンピューティングを活用した、在宅ワークという仕事の形態が人気になりました。
家事の合間に主婦が仕事をしたり、学生が勉強しながら依頼に応えたりできるからです。
クラウドコンピューティングはソフトウェア開発の分野でも盛んです。
特にスマートフォンのアプリケーション開発は、Javaと呼ばれる比較的簡単な言語が使われます。
だから依頼内容によっては勉強中の開発者でも仕事に携わる事が可能です。
それによって心配されるのはソフトウェアの質の低下です。
高い技術力を持っていない人に作られたアプリケーションは、開発業者の信頼を損なう恐れがあります。